ごあいさつ

 今年の夏は早い時期から例年にない暑さに見舞われ全国的に熱中症で病院に搬送された方や尊い命をなくされた方が増えたようです。枚方市でも日中36度を超えた日や夜になっても25度から下がらない熱中夜が続きましたので132人の方々が搬送されました。

 8月6日は広島に原爆が投下されて71年となる「原爆の日」に、米・英・仏・ロシアなど核保有国を含め91カ国の代表が参列された平和記念式典が開催されました。

 今年は6月にオバマ大統領が広島を訪問され「核兵器のない世界を追求する勇気を・・・・」と演説された事を受けて、松井一実広島市長は「核兵器を『絶対悪』と呼びオバマ大統領の理想を共有のものとして行動する考えであること」を表明されました。私たちもこの事を一刻も忘れる事なく実践し、この地球上から核兵器を無くし、平和な社会を建設しなければならないと思っています。

 また8月15日は71回目の「終戦の日」として政府主催の全国戦没者追悼式が開催されました。安倍晋三首相は「不戦の決意」は表明されたものの「不戦の誓い」の表明はなく、アジア諸国と諸国民への加害と反省はされませんでした。

 安倍首相は7月の参議院改選で、自民・公明・日本のこころを合わせ、衆・参とも憲法改正に必要な2/3議席が得られた事で、昨年強行採決された安保法制=戦争法を推し進めようとしています。私たちは憲法の平和主義に基づき、武力行使を最も抑制する国を目指し、世界平和に貢献しなければなりません。その為に平和を希救される個人は勿論、団体とも連携した運動を全力で強めて参りたいと思っています。で、自民・公明・日本のこころを合わせ、衆・参とも憲法改正に必要な2/3議席が得られた事で、昨年強行採決された安保法制=戦争法を推し進めようとしています。

 私たちは憲法の平和主義に基づき、武力行使を最も抑制する国を目指し、世界平和に貢献しなければなりません。その為に平和を希救される個人は勿論、団体とも連携した運動を全力で強めて参りたいと思っています。

 

 今年は4年に1度の「スポーツの祭典」オリンピックがブラジル・リオデジャネイロで開催されました。開催直後から日本選手の素晴らしい熱い闘いが繰り広げられ、それぞれのメダルを手にされた選手の皆さんから大きな感動と感激を頂き、涙しながらテレビで観戦させて頂きました。 

こうした選手の姿を見て私に課せられている責務(世のため・人のために尽くす)を果たすために一層の努力をしなければならない事を痛感致しました。今後も頑張って参りますので、ご指導ご支援宜しくお願い致します。

 最後になりましたが、まだまだ厳しい暑さが続くものと思いますので、どうぞご自愛下さいますようご祈念申し上げます。

枚方市議会議員 堀井 勝
大阪府枚方市招提中町2-4-13
TEL072-857-3266
FAX072-857-5666
TEL072-841-1221